神戸三宮 さんきた広場
オープニングイベント
オーディションサイト

アートの力で、神戸を元気に。

即興性と多様性が
生み出す調和

多様なバックグラウンドを持つパフォーマーを広く募集します。
神戸三宮のシンボルとなる広場で、最初の物語に出演しませんか。

photo by Aya watabe

パフォーマンスイメージ1

実際の広場とパフォーマンスのイメージ

2021年に阪急三宮駅前広場(旧パイ山)は生まれ変わります。
「市民の方々が思い思いにこの場所を使い倒せるように 」と考えられたコンセプトを打ち出すべく、広場を使った新しい身体表現(パフォーマンス)を実現します。
この新しい広場がクリエイティブな場所であり続けるために、私たちと一緒にはじめの一歩を踏み出してくれる仲間を募集します。

パフォーマンスイメージ2

逢坂由佳梨 photo by Conrad Turner

イベントについて

募集内容

関西在住のパフォーマー。年齢・性別不問。プロ、アマチュア不問。
下記の神戸市内で行われるリハーサルとイベント当日に参加できる方。謝礼あり。
ダンサー・俳優・ストリートパフォーマー・テーマパークキャストなど、幅広いジャンルのパフォーミングアーティストから選考します。

イベント日時

2021年 10月上旬 (日程は近日発表予定)

リハーサル日程

2021年8月以降の平日夕方もしくは夜のリハーサル数回(日程等応相談)
2021年8月以降の土曜日と日曜日のリハーサル数回

応募方法

下記の応募フォームリンクから、必要事項を記入して応募してください。

応募フォームはこちら

応募締め切り

2021年7月31日

審査結果発表

2021年8月上旬
なお、選考結果や二次審査についてはEメールで通知します。あらかじめ enterartproject@gmail.com からのメールを受信できるように設定してください。

お問い合わせ

オーディションに関してご質問がありましたら、こちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせはこちら

プロジェクトメンバー

Yukari Osaka

逢坂由佳梨

Co-Director/ Choreographer

詳しく見る
津川恵理

津川 恵理

Co-Director/ Project Manager

詳しく見る

インタビュー

01.

広場にかける想い

Q:広場のデザインコンセプトは
どうやって生まれたんでしょう?
津川:小さいこどもから大人まで使えるという前提で、設計者が使い方を決めるのではなく、体験者が自ら使い方を見出す建築を作れないか?という思いがずっとありました。

もっと読む

02.

パフォーマーの多様性が紡ぎ出す新しい表現

Q:パフォーマーの方にも広い層の人たちに
集まってほしいということでしょうか。
逢坂:はい。ダンスに限定せず色んな表現が
できる人が集まれば
いいなと思っています。

もっと読む

03.

広場の未来とアート

Q:そこに集まる人たちが広場のイメージを
作っていくということでしょうか?
津川:たくさんの人が介在していて活動している、そうやって積層されていく文化や記憶があればむしろ価値は上がっていくと思うんです。

もっと読む